2011年6月4日土曜日

カウンター越しに、ちょっとしたおつまみ

「その日あるちょっとした食材で、ちょっとしたおつまみを作ってお出ししたりしているんです。」と宮永料理長。カウンターのお客様のお食事とお酒の進み具合を見て、いいタイミングにささっと手早やく作って、ちょっと楽しんでいただく「手間はかけずに気の利いた一品」。食材の皮や切れ端も感謝の気持ちを込めて「使い切る」アイデアでもあります。
これは、あさりの粒マスタード和え。
酒蒸ししたぷりぷりのあさりを粒マスタードと和えただけですが、あさりとマスタードの出会いは何とも言えないムードで、つい口元が緩んでしまいます。
おいしいお酒とどうぞ。

0 件のコメント:

コメントを投稿