2011年6月27日月曜日

ちょっとおつまみ・その5「鰹皮の土佐酢おろし和え」

宮永料理長のカウンター越し簡単おつまみ。
これは鰹の皮を炙って、土佐酢のおろし和えにしてみました。お客さんがコースを食べて、お酒がちょっと残ってる・・・なんてときにお出しする一品ですね。

2011年6月22日水曜日

ちょっとおつまみ・その4 「おこぜのかまの徳利蒸し」

宮永料理長のカウンター越しちょっとおつまみシリーズ、いいですね。
そのひたまたまあった食材を無駄なく使ってさっとおつまみにしてみました。
ちょうどおこぜのカマがあったので酒蒸しにしてポン酢で。



ちょっとおつまみ・その3「海老の昆布〆 うるか和え」

宮永料理長のカウンター越しのちょっとおつまみ。
文字通り海老を昆布で〆て、鮎のうるかを和えてみました。季節感じます。

2011年6月15日水曜日

初夏を楽しむ6月の「ろくさんコース」

チーズと珍しい皮付豚を使った親父さん(道場六三郎)らしい焼き物や、毎年恒例の鮎素麵など今月もろくさん亭らしい献立になっています。宮永料理長からちょっと話を聞きました。



食材の仕入れ状況などで献立は変更になる場合があります。
詳しくはお店にお問い合わせください。

ちょっとおつまみ・その2「梅大根」

宮永料理長の簡単手間なしおつまみ。これはもうカンタン。大根を薄く切って、梅肉と紫蘇を巻いただけですね。でも大根の白の向うに見えるうっすら梅色おとなっぽいピンクと紫蘇の緑がなんとも色っぽいといいますか、粋ですねー。

2011年6月4日土曜日

カウンター越しに、ちょっとしたおつまみ

「その日あるちょっとした食材で、ちょっとしたおつまみを作ってお出ししたりしているんです。」と宮永料理長。カウンターのお客様のお食事とお酒の進み具合を見て、いいタイミングにささっと手早やく作って、ちょっと楽しんでいただく「手間はかけずに気の利いた一品」。食材の皮や切れ端も感謝の気持ちを込めて「使い切る」アイデアでもあります。
これは、あさりの粒マスタード和え。
酒蒸ししたぷりぷりのあさりを粒マスタードと和えただけですが、あさりとマスタードの出会いは何とも言えないムードで、つい口元が緩んでしまいます。
おいしいお酒とどうぞ。